ライフスタイル 心の栄養

【育児奮闘中のママへ】自由が欲しい時にすべきこと

赤ちゃんに餌をやる女性のセレクティブ フォーカス写真

  • ほぼ毎日ワンオペ
  • 出かける時は常に子連れ
  • 親も近くにいない
  • 最近夫以外の大人と話していない
  • 夜に子なしで出かけるなんて夢のまた夢…

世界中のママさん、毎日ほんとうにお疲れ様です。

私自身も

子どもはすごく可愛くて幸せだけど

ひとりの人間としての”私”が

どんどん消えていってしまうようで怖くて

いっぱいいっぱいだった過去があります。

一人で頑張るママにしてほしいこと

それは

素直に人に頼ること。

次の3つのどこかに頼れるところはありませんか?

一人で頑張らず、ぜひ甘える勇気を持ってくださいね。

1. パートナーに頼る

男の子を運ぶ白いシャツの男

私がオーストラリアにいたときに

友人家族から教わった言葉

Happy wife, happy life

これは、「幸せな奥さんは、幸せな人生につながる」ということ。

パートナーが元気がないと、自分も楽しくない。

これはお互いにそうですよね。

甘えるって勇気がいるけれど

頼まれた方がむしろ嬉しかったりする。

だって、相手はあなたの笑顔が見たいから。

自分の要望を我慢せず伝えること

感謝の気持ちを伝えること

この2つをぜひ意識してみてくださいね。

2. 周りに頼る

昼間に外で笑ったり話したりする人々

オーストラリアでは

ママが子供を預けてディナーに行ったり

誕生日や記念日には友人にお願いして

夫婦で出かけたりということが

普通にできる環境がありました。

辛い時はお互い様だから一人で頑張る必要はないんです。

大変な時はお互いに支え合う

近くに助けてって言える場所がある

そんなことが当たりまの社会になるといいなと思います。

3. 預かりサービスを利用する

ベビーベッドから出ようとする赤ちゃん

私は育児大奮闘中だった頃

週に一度シッターサービスを利用していました。

専業主婦だったので

「働いていないのにシッターなんて…」と

後ろめたさを感じていたのですが

その時お世話になったシッターさんが

ママが笑顔でいることが一番。

しんどい時は数時間でも子供と離れる時間が必要

と言ってくれたことにすごく救われたんです。

罪悪感を持たなくて大丈夫。

休むってほんとうに大切なことだから。

腕を広げる女性

自由になりたい

ひとりになりたい

そう思った時は素直に周りに頼ってみる

ひとりの時間ができたら

好きなことに没頭したり

誰かと思いっきり笑ったり

美味しいものでお腹を満たしたり

家事は手抜きして休息したり

汗をかいてリフレッシュしたりして

また家族の元へ元気に笑顔で戻ってこよう♡

最後までお読みくださりありがとうございました^^

-ライフスタイル, 心の栄養

© 2022 One With..