ライフスタイル 食と健康

オーガニック食品=高い?オーガニックの本当の価値とは

こんにちは。ライフスタイルアドバイザーの雪子です。

オーガニック(有機栽培)や自然栽培、無農薬栽培。

「そりゃあいいのはわかっているけれど、値段が高い・・・。」

そう感じている方も、少なくないのではないでしょうか?

現在、日本国内に流通する野菜や穀物の99%以上が慣行栽培※です。

※慣行栽培:収穫量を増やすための化学肥料や、病虫害・除草のための農薬を使用した、大規模かつ効率的に栽培する方法のこと。

「国産だったら安心・安全!」と根拠なく思い込んでいた私でしたが、

日本の農薬使用量は世界トップクラスであることを知った時、大きなショックを受けました。

たとえ食品中の残留農薬が人の健康に害がないとされる量だったとしても

その有害成分が体から排出されずに腸の粘膜を破壊し続け

免疫が弱くなり、やがて大病を招いてしまったら?

そうなってしまった時、その治療費は?

将来かかるかもしれない高額な治療費や保険料を考えた時、

毎日口にするものを大切に選ぶ方がずっと負担が少ないと

その値段の意味や真の価値を理解できるようになりました。

今、薬では治すことができない病気も食で変えられることが証明されてきています。

オーガニック、自然栽培、無農薬栽培が普及されることは

自分や大切な家族の健康を守り、環境を守ることにもなります。

そのためには、私たち消費者が責任を持ってしっかり選ぶことが大切なのです。

オーガニック栽培や自然栽培の需要が増え、農家・農地の数が増えれば、きっと価格や流通も安定するでしょう。

ただ、いくら健康や環境に良いとは言え、

無理をしてオーガニック野菜を買って生活が苦しくなっては元も子もありませんし、真の健康とは言えません。

正直、今の私も全てオーガニックにできているかというと、そうではありません。

オーガニックを選ぶにしても、そうでないものを選ぶにしても

「なぜ自分はこれを選ぶのか?」

一人一人がしっかり考えて、その選択に自信を持つことが大切だと、私は思います。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

-ライフスタイル, 食と健康

© 2022 One With..