食と健康

メルボルン定番のヘルシーフード ココナッツヨーグルトCOYOって?

こんにちは。ホリスティックヘルスコーチの雪子です。

“Dairy Free (乳製品不使用)”や”Plant Based (プラントベース)” と書かれた植物性100%のヴィーガンヨーグルト。

メルボルンのヘルスフードストアではお馴染みでしたが、

最近は近所のスーパーでも数多く目にするようになりました。

中でも人気なのがココナッツヨーグルト。略してCOYO(コヨ)。

スーパーではココナッツヨーグルトだけでもたくさんの品揃え

海外セレブ達にも人気でヘルシーなイメージがあり、数年前から注目されていますが

ココナッツヨーグルトにはどのような健康効果があるのでしょうか?

ココナッツヨーグルトの原材料

ココナッツヨーグルトは、ココナッツミルクにヴィーガンプロバイオティクス(植物性乳酸菌)を加えて作られます。

また、多くの製品は増粘剤としてライススターチ、タピオカスターチなどの天然でんぷんや寒天が使われています。

健康・美容効果

ココナッツヨーグルトはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富。

乳酸菌も含まれているため、腸内環境の改善や便秘解消、美肌効果が期待できます。

乳糖不耐症やヴィーガンの方には手軽に摂れる発酵食品としてとてもいいですよね。

(原材料に乳製品やゼラチンが使われているものもあるので、注意が必要です)

また、主原料のココナッツミルクは低糖質で、含まれる飽和脂肪酸の多くは中鎖脂肪酸。

すぐにエネルギーになり体に蓄積されにくいので、脂肪燃焼・免疫強化につながります。

何より美味しい。

COYO Organic 原材料がシンプルでおすすめ。

上の写真は原材料にフルーツなどが使われているものですが、

無糖タイプでもココナッツミルクの甘みで食べやすく、

なめらかでとっても美味しいです。しっかり満足感があって、腹持ちも◎

メーカーによってはたっぷりの砂糖や人工甘味料、着色料などの添加物が入っていたりするものもあるので

ラベルをよく見て、原材料がなるべく少ないものを選びたいですね。

食べ過ぎには注意

栄養成分 (100gあたり)牛乳から作られるヨーグルトココナッツヨーグルト
エネルギー87kcal212kcal
たんぱく質5.8g1.9g
脂質4.1g20.0g
炭水化物6.0g5.5g
  - 糖類4.4g1.2g
食物繊維1.5g2.5g
ナトリウム68mg9mg
macro Certified Organic Natural Yogurt とCOYO Organic Natural どちらも無糖タイプを比較

健康面でのメリットが多いココナッツヨーグルトですが、

ココナッツヨーグルトはカロリーと脂質が結構高いので食べ過ぎには注意が必要です。

普通のヨーグルトは1日200gほどの摂取が良いとされていますが、

同じ量のココナッツヨーグルトを食べてしまうと、過剰摂取となり体重増加の原因に。

100gほどにしておいた方が良さそうです。

メルボルンでは、ココナッツヨーグルト以外にも、

豆乳、アーモンドミルク、カシューミルク、オーツミルクなどからできたヨーグルトがたくさん出てきています。

ヴィーガンや乳製品を控える人が増える中で、これからますます植物性ヨーグルトの需要が高まりそうです。

-食と健康
-,

© 2022 One With..