食と健康

手軽に栄養価プラス。ヘンプシードとは?

近年健康食品として注目を集めているヘンプシード。皆さん食べたことはありますか?

ヘンプシードは植物の「麻」の実のことで、雑穀類の一種として昔から世界中で親しまれてきました。

私たち日本人に身近な、七味唐辛子入っている大きめの粒。あれも麻の実です^^

ヘンプ=大麻?

アサ科の植物の麻は、別名「大麻」または「大麻草」。大麻と聞くと薬物のマリファナを連想する方も多いと思います。

ヘンプとマリファナは大別には同じ仲間の植物ではありますが、栽培方法、使用用途、成分などに明確な違いがあります

幻覚作用や陶酔感をもたらすテトラヒドロカンナビノール(THC)という成分が0.3%以下の品種がヘンプ、0.3%以上の品種がマリファナと呼ばれ、産業用や食用とされるヘンプに薬物作用はありません(1)。

日本においては、大麻取締法によって大麻草の栽培や輸入が厳しく規制されており、THCが微量である大麻草の成熟した茎と種子のみ合法とされています。

ヘンプシードの健康効果

良質な脂質

美容、健康効果が期待できるオメガ3やオメガ6脂肪酸がバランスよく豊富に含まれています。

これらの脂肪酸は必須脂肪酸と呼ばれ、悪玉コレステロールを下げたり、生活習慣病予防にも効果的。

体内で合成することができないので、食事から摂取する必要があります。

タンパク質

タンパク質は消化されるとアミノ酸に分解されますが、ヘンプシードには体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸全てを含む豊富なアミノ酸が含まれています。

ヘンプシードの約25%がタンパク質でできており、大さじ3杯で約10gのタンパク質を摂ることができます。(2)

他にも腸内環境を整える食物繊維や、ビタミンE、さらに鉄、マグネシウム、亜鉛、カリウムといったミネラルが豊富

抗酸化作用も高く、炎症を抑え心臓、肌、関節の健康を保つのに役立つなど(2)、ヘンプシードには沢山の健康パワーが詰まっているのです。

ヘンプシードの食べ方

ヘンプシードは麻の実の硬い殻が除かれ、種子もやわらかいので、消化しやすいのが特徴です。

調理や浸水も不要なので、そのままふりかけるだけで手軽に栄養価をアップできます。

ナッツのような風味で、クセがなく主張をしない味なので、色々な料理に使えてとても便利です。

スムージーに

サラダに

オートミールやシリアルに

ブリスボールやお菓子作りに

 

納豆、おにぎり、和え物など、和食にも合います^^

気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

-食と健康

© 2022 One With..