食と健康

ダイエットの強い味方。もっと身近に根菜を。

こんにちは。ホリスティックヘルスコーチの雪子です。

↑メルボルンではメジャーな根菜たち。

左からParsnip(パースニップ)、Swede(スウィード)、Turnip(ターニップ)。

冬のメルボルンは、根菜が美味しい季節になりました。

白い人参のような見た目のパースニップは、ジャガイモと人参の間のような食感。

甘くて、ごぼうのような香りもする、なんともユニークな味。

スウェーデンが原産のスウィードは、別名ルタバガとも呼ばれ、

キャベツとターニップを掛け合わせた根菜。

加熱すると黄金色が綺麗で甘みが増して美味しいんです。

ターニップは西洋カブ。ヨーロッパでは定番の根菜なのだそう。

根の上部が紫色をしていて、味は日本の蕪に近かったです。

▪️根菜のすごい健康パワー

上記のものはちょっと珍しいですが、

大根、人参、ごぼう、レンコン、サツマイモなどの根菜には、

食物繊維やビタミン、ミネラルなど様々な栄養素がぎゅっと詰まったヘルシーフード。

野菜不足を感じている方には特にオススメです。

また、体を温める作用があり、代謝アップ、便秘解消、美肌効果も期待できるので一年を通して摂りたいですね。

▪️根菜=太る?

糖質が多くて太りそう…と避けられがちな根菜ですが、

実はダイエット中こそ味方につけたい食材なのです。

根菜類に含まれる糖質は、精製されたお砂糖やジュースなどの「単純糖質」と異なる、「複合糖質」でできています。

単純糖質は、血糖値が急激に上がり、インスリンが過剰に分泌されて、

体内で使われなかった糖を脂肪として溜め込んでしまいます。

一方、複合糖質は、血糖値がゆっくり上昇し、

インスリンの分泌が少ないので消化吸収が穏やか。

ゆっくりエネルギーが使われるため腹持ちも良く、

硬い根菜類は噛む回数も自然と増えるのでダイエットに向いている食材と言えます。

もちろん食べ過ぎには注意したいので、

根菜(特に糖質が多いイモ類)を食べる時は、

ご飯などの主食と置き換える、量を減らすなどしてバランスをとりましょう。

▪️オススメ簡単レシピ

いろいろ根菜のオーブン焼き。

お好みの根菜を一口大にカットして、オリーブオイル、塩胡椒、ハーブ(ローズマリー、セージ、タイムなど)をまぶして、

200℃に予熱したオーブンで40分ほどローストするだけ。(途中で何度が上下を返す)

シンプルで、簡単で、すごーく美味しい。

まとめて作って、翌日サラダに入れたり、子供のおやつにも。

普段葉物野菜が多いなあ、という方はぜひ根菜を普段の食事に取り入れて見てくださいね 🙂

-食と健康

© 2022 One With..