レシピ 食と健康

体も心もほっと温まる スパイスジンジャーココア

皆さまこんにちは。ホリスティックヘルスコーチの雪子です。ブログは久し振りになってしまいました。
日本と季節が逆のオーストラリアは、暦の上では3月から秋。 ここメルボルンも日増しに寒くなってきました。

寒い季節は温かいココアが飲みたくなりますよね。 ココアの原料、カカオ豆に含まれるポリフェノールやテオブロミンという成分には、血管を拡張させ、血流を促進させる作用があります。 ですので、ココアは冷えが気になる季節にぴったり。 今回は生姜やスパイスを使ったヘルシーなココアをご紹介します。とっても簡単にできますよ。
スパイスジンジャーココア
◼︎材料(1杯分)
  • カカオパウダー(またはココアパウダー) 大1
  • おろし生姜 小1/2
  • シナモン、ターメリック それぞれ2、3振りくらい
  • お好みの甘味料(メープルシロップ、蜂蜜、ココナッツシュガーなど) 小1〜
  • お好みのミルク 200〜250ml
◼︎作り方
  1. カップにカカオパウダー、おろし生姜、シナモン、ターメリック、甘味料(今回はメープルシロップ)を入れて混ぜ合わせる。
2. 温めたミルク(今回はアーモンドミルク)を少量入れ、ダマができないようにペースト状にする。
3. 残りのミルクを注いで、全体をよく混ぜたら出来上がり。
ちなみに、「カカオ」と「ココア」、どちらも同じカカオ豆から作られていますが、違うものだということはご存知でしたか? カカオパウダーはカカオ豆を発酵・乾燥し、粉にしたもの。 加熱処理が行われていないので、栄養素の損失が少なく、ビタミンやミネラルが残ったまま。ココアパウダーに比べて苦味が強いのが特徴です。 一方、ココアパウダーはカカオ豆を発酵、高温で焙煎し・圧搾したものから脂肪分(ココアバター)を除いて粉にしたもの。 要は加熱されているかいないか、ということですね。
栄養価がより高いカカオパウダーがおすすめですが、手に入らない場合はココアパウダーでも大丈夫です。 (ココアパウダーもポリフェノール、食物繊維、ミネラルなど健康へのメリットがあります) その場合はココア100%で作られた純ココアを使用してくださいね。

nichie 純ココア オランダ産 カカオ100% 砂糖・香料不使用 パウダー 500g

新品価格 ¥990から (2021/4/21 19:51時点)

【400g】オーガニック 純ココアパウダー(ピュア)【有機JAS認証】無糖 無着色 無香料 ピュアココア

新品価格 ¥1,498から (2021/4/21 19:52時点)

-レシピ, 食と健康

© 2022 One With..