レシピ 食と健康

アレンジ無限大!健康おやつ”ブリスボール”とは?おすすめレシピ4選

オーストラリアのスーパーやカフェに必ずと言っていいほど置いてあるブリスボール。

とっても美味しくて、体にやさしいスイーツ。ぜひおうちで作ってみませんか?

ブリスボールとは?

ナッツやドライフルーツなどで作られるオーストラリア発祥のボール状のお菓子。エナジーボール、プロテインボールとも呼ばれます。

砂糖不使用・添加物不使用・グルテンフリーで、栄養価が高く、おやつや運動前のエネルギー補給にぴったり。

ブリスボールの"ブリス(bliss)"は「この上ない喜び・至福」という意味。お砂糖は入っていないのにちゃんと甘く、一口食べると幸せになる罪悪感ゼロのスイーツです。

ブリスボールのメリット

▪️栄養価が高い 

ナッツやドライフルーツには炭水化物、タンパク質、良質な脂質、食物繊維が含まれているので、満足感もしっかり得られます。

▪️自然素材で体にやさしい

市販のスナック菓子やデザートには精製された砂糖や添加物が多いですが、ブリスボールは自然素材だけで作られているため安心して食べられます。

▪️簡単に手作りできる

ブレンダー(またはフードプロセッサー)で混ぜて丸めるだけ。火を使わずにあっという間にできます。

▪️持ち運びに便利

タッパーなどに入れて外出先でも小腹が空いた時にパクッと食べられます。私はナッツ無しのものを息子の幼稚園のおやつに持たせています。

▪️冷蔵・冷凍保存が可能

冷蔵庫で5日ほど、冷凍庫で3ヶ月ほど保存可能。まとめて作っておくと好きな時に食べられて便利です。

おすすめレシピ

私がよく作るブリスボールをご紹介します。お好きなナッツなどを代わりに使ったり、お家にある材料で作ってみてくださいね。

※出来上がり量は全て約12〜15個分となります。

アプリコットとココナッツのブリスボール

<材料>

  • アプリコット 1カップ
  • ココナッツファイン 1カップ + 仕上げ用
  • くるみ 1/2カップ
  • ココナッツオイル 大1 ※溶かしておく

<作り方>

  1. アプリコットはお湯に15分ほどつけてふやかしておく。
  2. 全ての材料をブレンダーに入れて、攪拌する。(まとまらなければ水を少量加えてください)
  3. 一口大のボールに丸め、ココナッツファインをまぶす。

カカオブリスボール

<材料>

  • オートミール 1カップ
  • デーツ 1カップ
  • アーモンドバター 大2
  • カカオパウダー 大2
  • 水 大2〜3
  • ヘンプシード 仕上げ用

<作り方>

  1. オートミール、デーツ、アーモンドバター、カカオパウダーをブレンダーで攪拌し、まとまるまで水を少しずつ加える。
  2. 一口大のボールに丸め、ヘンプシードをまぶす。

抹茶のブリスボール

写真は抹茶ときな粉のブリスボール

<材料>

  • アーモンドミール 1カップ
  • デーツ 1カップ
  • ヘンプシード 大2
  • ココナッツオイル 大1
  • 抹茶 大1 +仕上げ用
  • 水 大2〜3

<作り方>

  1. 全ての材料をブレンダーに入れて攪拌する。
  2. 一口大のボール状に丸め、仕上げにお好みで抹茶をふりかける。

きな粉のブリスボール

<材料>

  • オートミール 1カップ
  • デーツ 1カップ
  • ピーナッツバター 大2
  • きな粉 大2 + 仕上げ用
  • チアシード 大2
  • 水 大2〜3

<作り方>

  1. オートミール、デーツ、きな粉、ピーナッツバターをブレンダーで攪拌し、まとまるまで水を少しずつ加える。
  2. チアシードも入れて全体が混ざったら、一口大のボールに丸め、仕上げにお好みできな粉をふりかける。

作ってすぐでも食べられますが、冷蔵庫で30分以上冷やすとより美味しいです。

また、冷凍してもそこまでカチコチにならないので、私は夏場は凍らせて食べるのも好き 🙂

アレンジを楽しんで!

アレンジ無限大のブリスボール。分量を計らなくてもまとまればOKなので、お菓子作りが苦手な方でも大丈夫。

以下のリストを参考に、色々な組み合わせで楽しんでみてくださいね。

まとまりが悪い時は、水や溶かしたココナッツオイルを少しずつ加えてください。

ナッツ・シード類

アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカデミアナッツ、ピスタチオ、ナッツバター、ごま、タヒニ、チアシード、ヘンプシード、フラックスシードなど

ドライフルーツ

デーツ、アプリコット、プルーン、クランベリー、レーズン、イチジク、ゴジベリー、ブラックカラントなど

粉類

オートミール、ココナッツファイン、アーモンドミール、キヌアフレーク、カカオパウダー、きな粉、抹茶、シナモン、プロテインパウダーなど

-レシピ, 食と健康

© 2022 One With..